BLOG

【美容師業務におわれてました(笑)】

最近更新をしていなくて、さみしい方も(笑)もいらっしゃったんじゃないでしょうか(笑)
美容室の小冊子を製作に集中しすぎていました(笑)

長男まさくんが週末から、更新しますので、時たま参加します(笑)
これからも小町家をよろしくおねがいします。

そして、人のご縁を大切に出来る小町家の大将の小町は、ちょっと私を変えたきっかけになった利他的、文章を書いときます~社員がいる方も、いない方も少しでも役に立てれば、幸いです。

【お母さんの請求書】

ある日曜日の朝、たかしが二階からおりてきて、朝食のテーブルについたときのことです。

たかしは、お母さんのお皿の横に、ていねいにたたんだ一枚の紙切れをおきました。お母さんはそれを開いてみました。

たかしはその様子をずっとみていました。

お母さんは、はじめ少し不思議そうな顔をしていましたが、すぐもとのやさしい顔にもどって、それを繰り返して読みました。たかしのおいた紙切れは次のような請求書だったのです。

「母さんへの請求書」
お使い代・・・・・・100円
おそうじ代・・・・・200円
るすばん代・・・・・200円
合計・・・・・・500円

読み終わったお母さんは、にっこり笑ってたかしをみましたが、そのときにはなにも言いませんでした。

お昼の食事のときになって、お母さんは、たかしのおさらのわきに500円をおきました。それをたかしは見て、自分の考えどおりにうまくいったと思って、うれしくなりました。

ところが、お金といっしょに、小さな紙切れがのっていました。たかしが取り上げてみると、それはお母さんからの請求書でした。

「たかしさんへの請求書」

親切にしてあげた代・・・・0円
病気をしたときの看病代・・・0円
洋服や靴やおもちゃ代・・・・0円
食事代と部屋代・・・・・・・0円
合計・・・・・・・0円

たかしは、はっとしました。一回、二回、…、たかしは何度も繰り返して読みました。たかしの目には、しだいに涙があふれて、お母さんの書いた字が、ぼうっとかすんできました。

(ぼくは、自分のことだけしか考えずに、お母さんに請求書を出してしまった。それなのにお母さんは…)
しばらくじっとしていたたかしは、お母さんのそばへかけよりました。そして、さっき受け取ったばかりのお金を、お母さんに手に渡して言いました。

「お母さん、ごめんなさい。このお金は返します。そしてこれからは、請求書なんてなしで、なんでも手伝わせてください…」
(グルエンブルグ作 「ブラッドレーの請求書」[出典:みんなのどうとく学研]

【天使の心を磨くための質問】
① この話を読んで何を感じましたか?
② 職場の仲間同士が、お互いを思いやる気持ちが高まったらどんな変化があると思いますか?
③ あなたは職場のチームワークを向上させるために、どんなことをしてみようと思いますか?

では、では、2月22日(水)18時30分~ 元気にオープン♪

店主:小町 章規

~テレビ取材放送のお知らせ~

【かごピタ】
3月10日(金)16時頃~予定

【かごニュー】
2月7日(火)16時~16時50分の間で放送されます~♪
※放送済み

【重要】
本日の予定でしたが、緊急放送があった為、日程変更になりますとの電話を頂きました~日程が決まり次第ご報告いたします~
さらに、もしかすると・・・カレーうどんのドキメンタリーが出るかもしれません~(笑) また報告しますね~

是非みてね~

小町家公式ライン@登録
https://line.me/R/ti/p/%40ljl4502a

「公式ホームページ」
http://komachike.com

#鹿児島 #カレー #のみ #お酒 #文化通り #感謝 #カレーうどん #飲み会おつまみレシピ #おでん

コメントは利用できません。